スポーツ

コエンザイムQ10の安全性とは

コエンザイムQ10(学名:ユビキノン)は、体内でも合成される物質ですから、無論、副作用などの報告もなく、摂取しすぎても何ら心配のない栄養素です。
食べ物としては、肉類や魚介類などに含まれている栄養素ですから、肉を食べすぎたとか、魚を食べすぎたなどで、胃が重たい等の影響はありますが、副作用を起こされるはずもなく、安全なはずです。
コエンザイムQ10は、脂溶性の物質ですから過剰摂取されても、その大半は吸収されず排泄(約60%)されてしまいます。
医師で高脂血症治療薬 (スタチン)を処方された場合は、体内のコエンザイムQ10の合成量が減少したり、薬用効果が減弱しますので、医師に相談をしてコエンザイムQ10のサプリメント摂取をしてもいいのか否かを相談してから摂取して下さい。

コエンザイムQ10は、補酵素としての働きが強く、体内で酵素の仕事を援助する物質で、人体のいたる場所の細胞に既に存在しています。
そんな物質ですから、摂取されたり摂食されたりしても何ら心配することのない物質です。
これは健康な方に対しいえる言葉で、病気を患っておられる方むきの言葉ではありません。
病気の症状によっては摂取を控えなくてはならないことがあります。
コエンザイムQ10を心配することなく摂取する為に、安全性をよく確かめてください。