スポーツ

美容のためのコエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10が美容に利用されるようになった大きな理由は、抗酸化作用がある事と、補酵素としての働きに着目されたからです。
コエンザイムQ10はビタミンQと言われた時代もありましたが、体内で生成されることが分かった時点で、コエンザイムQ10(ユビキノン)という名称に変わり、ビタミン様物質という名称を使うこととなりました。
ビタミンとは、体内で作り出すことのできない必須成分です。

紫外線を浴びることにより発生する活性酸素は、外的要因から身を守る為の防御反応として現れる現象ですが、これが皮膚の細胞膜を変性させシワやシミを作ります。
コエンザイムQ10の抗酸化作用は過剰に発生した活性酸素を軽減し、細胞膜を守ると同時に、細胞膜内にあるコエンザイムQ10の補酵素能力を使い細胞を活性化させます。
これが皮膚の老化原因であるシワやシミを修復してくれます。
コエンザイムQ10は脂溶性ですので、皮膚の真皮層にあるヒアルロン酸の産生を促し、肌の潤いを維持する作用をもたらします。
コエンザイム入の化粧品などを使用する際は肌に優しいコエンザイムを選びましょう。

この効果を称して「アンチエイジング」と言っています。
コエンザイムQ10は、20歳代を過ぎると体内での増産量が少なくなりますので、中高年の方は積極的に摂取するよう心がけてください。
サプリメントで摂取される場合は、人体内と同じ性質をもつ「還元型」のものをお勧めします。