スポーツ

コエンザイムQ10とはどんな物質?

コエンザイムQ10のほとんどが日本で生産されていて、またの名をユビキノン、補酵素Q、CoQ10、ユビデカレノンと言います。
疎水性(水に溶けにくい)の物質で、体内での合成が可能ですから、ビタミンのように経口摂取する必要のない物質です。
以前はビタミンQという名称でも呼ばれたこともありましたが、この物質は体内で合成が可能ですから、ビタミンのように摂取する必要がない為、この呼び名は使われていません。

このコエンザイムQ10は生命活動の維持と活動を促す物質ですが、20歳代を過ぎると徐々に体内での合成能力が衰えてきます。
体内でのコエンザイムQ10は、心臓、肝臓、膵臓、腎臓、副腎等に存在し、また細胞内では主にミトコンドリア内膜や血液中ではコレステロールなどのリポタンパク質に結合して存在します。
尚、コエンザイムQ10は、抗酸化物質ですから、体内で活性酸素が生成された時には有効な成分となりますし、老化を防止する役目も果たします。

コエンザイムQ10を含む食品は、主に肉類や魚介類などに含まれていて、野菜のブロッコリーにも比較的多く含まれています。
しかし、食事だけでは十分に摂取することが難しいと思われますので、そんな時コエンザイムQ10のサプリメントで補うのが寛容かと思われます。