スポーツ

薬を服用中のコエンザイムQ10摂取の注意点は?

コエンザイムQ10には薬用効果があるため、他の薬と併用して服用することは避けた方がいいと思います。
特に相反する作用を誘発させるおそれのある病気や同一の作用のためかえって悪化する症状の出る病気などの場合です。
先ずはコエンザイムQ10の作用や効果について知っておくことが大切です。
作用としては、補酵素作用(酵素の働きを補助)、抗酸化作用、免疫力増強作用、血液凝固作用等です。
効果としては、血圧を下げる効果、疲労回復効果、アンチエイジング効果ダイエット効果、新陳代謝活性効果等があります。
作用と効果は、相関関係にありますから、相反する効果は決してありません。

次に作用、反作用する薬品です。
・ワルファリン(血液凝固阻止剤):作用&反作用(状態により変化)
・ブラビックス(血圧降下剤):作用(血圧の過剰低下)
・エバデール(血圧降下剤):作用(血圧の過剰低下)
・スタチン(高脂血症治療薬):反作用(薬用効果が減弱)
など、相性の良くない事例があります。
このような場合は、コエンザイムQ10のサプリメントを摂取しない方がいいと思います。
何らかの要因で摂取される場合は、医師に相談して下さい。
サプリメントではなく、食品から摂食される場合は、普段通りで大丈夫です。
他の栄養素同様にコエンザイムQ10を摂食されても量が少ないため何等問題はありません。